寂しさを埋める為に始めたママ活

日常にはない時間に気持ちが浮かれた

ママ活 : ママ活プロに聞いてみた

私の書き込みを見たという大学生の男の子から連絡をもらい、一度会ってみることにしたのです。
最初は騙されているのではないかと思う気持ちもありましたし、危険なことがあったらどうしようかという不安もありましたが、約束を決めた後は生活にハリが出るようなそんな気持ちにもなったのです。
普段スーパーやドラッグストアぐらいにしかいかない為、洋服などはいつも適当でしたし、メイクにも力を入れていませんでしたが、その日だけはいつもよりおめかしをして、若い頃のような気分を取り戻しました。
おばさんが何をしているんだと思われてしまうでしょうが、それぐらい浮かれた気持ちになるのは久しぶりだったのです。
待ち合わせ場所にいたのは幼さの残る可愛らしい男の子でした。
私の相手をするなんて面倒ではないかと開口一番に聴いたら、「年上のお姉さんが好きなので」と言ってくれたのです。
私が提示した条件は、一緒に食事をしたり映画を観るような初々しいデートをしたいという希望で、それを叶えることには抵抗がないと言ってくれたこともあり、若い頃に戻ったような気持ちで楽しい時間を過ごすことができました。
別れ際にお金を渡した時は悪いことをしているのではないかと思う部分もあったのですが、何とも晴れやかな気持ちが残っている自分に驚き、またママ活をしたいと思うぐらいには楽しかったのです。

パパ活とかママ活しちゃう人の気持ち少しわかる気もする
お金が全てって考えでやってる人もいるだろうけど見た目が綺麗なうちにできるだけ愛されたいからって人も多そう。

— 🔯😈👾 ゴミクソ野郎 👾👿✡️ (@________DustBox) 2019年10月27日

私がママになった?!日常にはない時間に気持ちが浮かれたほんのつかの間の息抜き